​齋藤宏の嘘と人体実験

​お母様方へのお願い

最初に

子供達のお母様たちへ

 

日本大学病院の小児科にいた齋藤宏という医師に注意してください。​

これは、大変、深刻な内容です。

わたくしが相談した神田警察の刑事さんは言っていました。

『上の方の指示があるので、僕達は齋藤に逮捕状は出せません。ただ、これはここだけの話しですが、齋藤(宏)は、狂っているかもしれません。というか子供が苦しむのを喜んでみているタイプというかサディストというか、そういう癖があるかもしれません。詳しくは捜査していないのでわかりませんが、そういう犯罪者とタイプが似ている気がします。ただ、そうだとしても、上の方の指示で動くなといわれていますから動くことはできません。残念ですが。』(録音テープあり。アメリカの支持者保有。)

と申し訳なさそうに話していました。

私が『上の方って、どなたですか?神田警察の所長さんとかですか?』と聞き返すと、刑事さんは言いました。

 

『ここだけの話しですが警視庁です。警視庁ですが警視庁には、また、その上からの支持があったようです。』(録音テープあり。アメリカの支持者保有。)

日本大学病院と警察の癒着についての詳しい内容はこちら

自分の赤ちゃんのカップル

子供が苦しむのを喜んでみているタイプの可能性がある事を知りながら捜査する事の出来ない警察って?いったい何でしょうか?という気持ちは十分ありますが、子供達のお母様に気をつけていただきたいのは、その事ではありません。

お母様方にお伝えしたいのは、『むやみに病院を信じないでください。齋藤宏のような医師は、どこにでもいます。一般人の中に人が苦しみながら死んでいくのを喜んでみている犯罪者がいるように、医師にもいるのです。』

実際、齋藤宏はそういう医師です。普段は、とても良い先生の演技を完璧にこなしています。しかし、一旦、子供達が入院し、ご両親が帰宅した時や眼を話した時が危険なのです。

 

齋藤宏は、2003/06 - 2006/06 の期間、広尾病院の小児科常勤医(主事)でした。この時、ジミーは入院していました。

その間、主人は24時間体制で付き添いをしていました。

そのような状況下で、齋藤宏という男は、平然と、医薬品の人体実験を実行する男です。

広尾病院での人体実験については、こちらに詳しい内容が書かれていますので、ご確認ください。

私が、申し上げたいのは、そういう異常な行為を平然と実行する医者がいるという事実です。齋藤宏だけではありません。医師は医薬品会社に接待をうけます。料亭や銀座などで接待を受け、同時に金品を貰うことやスポンサーになるなど様々な形で賄賂を受け取る医師は大勢います。勿論、そういう医師だけではありませんが、大学病院の医師などは、最初は真剣に患者の救済を考えていても、最終的には染まって行きそういうタイプになってしまう方が多数います。真面目に患者の事を考えている人は、そういう体質に馴染めず挫折していきます。勿論、素晴らしい教授も大勢います。わたくしの知人の教授は、誰もが素晴らし方ばかりです。

しかし、お母様方は、しっかりと知らなければなりません。子供を守る為には、すべての医師を信じてはいけません。

齋藤宏のように子供が苦しむことに生きがいを感じる異常な医師もいるという事実を忘れないでください。

齋藤宏は『上層部の指示で動いている。僕は単にいわれた事をやっているだけ。』と何度も言っていました。

この上層部というのが、日本大学の理事長や、人体実験を強要した芦屋の医薬品会社の近隣に住む理事長の関係者、そして院長である事も後に知りました。

忘れないでください。

医師の後ろには医薬品会社がついている場合が多く、それらの多くが、医薬品の副作用の実験を医師に頼むのです。厚生労働所を通した正式な臨床試験でなければ断るのは当然ですが、中には、いろいろな理由で正式な臨床試験が出来ないようなケースがあり、そういう場合、内密に動く医師がいるという事を忘れないでください。

 

ジミーの場合は、神戸の先端医療振興財団の医薬品コーディネーターだった中島佳子や理化学研究所の再生医療グループやJCRファーマーやOO系ファンドや三O系企業や、その周りに蠢く魑魅魍魎の政府系の輩らが日大関係者に指示をして人体実験が強行されたのだそうです。彼らは、集団で論文捏造詐欺(詳しくは、こちら)に関与し国のお金を食い物にしてきました。その事実を知ったジミーの両親が警察に告発しようと準備した結果、ジミーは防衛医科大学校病院の軍医ら4名に虐待され詳しくは、こちら)、そして日本大学病院に移ってからは人体実験をされました。

ここで問題なのは、どこの病院に移ろうとも彼らのネットワークがあり、どの病院であっても人体実験される可能性があるということなのです。もし、彼らが関与する医薬品会社が急遽何らかのヒューマンでの医薬品の副作用テストが必要になった場合、彼らは、1日で実験材料の子供を捜させることが可能なネットワークを持っているのです。そのような状況が、いつ、どこで、起こるのかは誰にもわかりません。ですからこそ、『この大学病院は大丈夫。』とか、『あの大学病院はOO病の権威がいるから。』という安易な気持ちで考えないでください。特に再生医療の教授の半数以上の論文に捏造がある事実も知ってください。

あなたの大切なお子さんを犠牲者にしない為には、お母様方が事実を認識する必要があります。

齋藤宏は、現在、まだ医師をしています。医療の世界では、医薬品会社に支持されるままに人体実験を強行した医師は優遇されるのです。彼らの得意技は、裏に回っての【ハーバード一大学への紹介・留学や他国の大学の教授への就任】という甘い言葉で人体実験を強行させるのです。医薬品会社の指示で闇仕事を実行した医師は昇進する事が速く、永久に守られますから、仕事を失うことはないそうです。ちなみに、齋藤宏は、ジミーの人体実験を承諾した2ヵ月後に、急に日本大学医学部付属駿河台病院 小児科病棟医長に昇進しています。

そういう世界があるという事を認識してください。

​そして、お子さんを守ってください。

お子さんを守れるのはご両親であり、お母様方だけだという事を知ってください。

これらの人体実験は、非常に巧妙に組織的に隠蔽して実行されます。そのような時の医師は、まるで、天使のような笑顔で優しく接してきます。まるで、ナチスのジョセフ・メンゲレのようにです。彼らは一部の上層部からの指示で動いている場合が多く、それらの上層部には大組織が黒幕でついている場合が多いこと知ってください。(詳しくは、こちら。お子さんを守ってくれるはずの国や政府や警察(警察と日大の癒着はこちら​)や裁判所(裁判所と日大の癒着はこちら)が組織化して、大企業や組織側につき、誰もお子さんを守ってくれない時があるという事を認識してください。

子供は、かけがえのない存在です。どうか、出来る限り、いつでもどんな時でも、お子さんに注意して守ってあげてください。

私のように、医師を信じきることは止めてくださるようにお願いいたします。病名を言われても症状を言われても、手術が必要とか、医薬品が必要とか言われても、すぐに信じないでください。セカンドオピニオンを求めたり、ネットで病名の症状や手術が必要な状態なのかどうかや、医薬品の副作用などを調べてください。医薬品の中には一度使用しただけで副作用がでたり、止めるまでに脳や関節や骨や肺など多数の部位にダメージがおこるような医薬品もあります。

お子さんを守れるのは、お母様だけです。どうか信頼しきっている大切なお子様に間違いが起こらないよう、守ってあげてください。

この地球が、そして、この日本の誰もが子供達に親切な人ばかりだと考えていた昔が懐かしいです。

しかし、そのような生半可な気持ちでは子供たちを守ることができません。

彼らは、今現在も医薬品や治療方法の実験材料として子供たちを物色しているのです。

残念ながら、この世の中には悪魔も鬼もいて、医師の顔をして歩いていると知った現在、子供達を守ることができるのは、お母様方の愛情のみであるという事に気がついてください。

ジミーのような残酷な結果にならないよう、子供たちを守ってください。

心から、深くお願いいたします。

 

 

​ジミーの母親ライアン美紀より