大量​人体実験

​あしかがの森足利病院の医師の会話

大学病院で絶対にしてはいけない行為である人体実験!この人体実験を日本大学病院の小児科医師である齋藤宏は100人以上の障害児や外人の子供に実行した事を告白している。ここに公開するのは、本人曰く、『未承認薬を使った数が大勢過ぎて数え切れないほどの人数に実行した。』と答えているほど多数の障害児や外人の子供に実行した人体実験を告白した録音テープの一部になります。その後、事実を確認するためにあしかがの森足利病院(以下「足利病院」という)に見学に行き人体実験の事実確認をしました。すべては、事実だったのです。

日本大学病院の小児科医師である齋藤宏は、ジミーの母親に言いました。

 

「あしかがの森足利病院の医師は、誰もが、障害児への人体実験。そういう言葉も使うね、それを見て見ぬ振りをしてきた。そうやって来た。」と言っていましたが、「本当にそんな事があるのだろうか?」と考えていました。まだ、この時は、母親は疑問を持っている程度でしたが、足利病院に行き、その疑問は、恐怖に変わりました。

 

以下は、あしかがの森足利病院の医師との会話内容を記載しました。

あしかがの森足利病院の医師は、齋藤宏が治療の約束をした「側弯症や肩や肋骨の手術を日赤で行う。」どころか、気道食道分離術までも、『すべての手術ができないし、やる気も無い。』と言いました。すべてが、【齋藤宏の自作自演だった。】と足利病院の医師はいいました。

 

同様に、『ここは、入ったら帰るときは霊柩車だ。』とも笑って言っていました。

 

母親は、『それでなくとも障害を持ち苦しんでいる障害児に対して、この医師はなんと言う態度だろう。まるで、人の死を喜んでいるような笑い声。』と感じ、鳥肌が立ちました。まさに、人の皮を被った鬼のような感じを受けました。

 

『ここに入っている子供達は、なんてかわいそうなのだろう。』と感じました。

 

そこで、母親は、彼らに齋藤宏が言っていた、『厚生労働省が不認可の医薬品の使用が可能』かどうかを聞きました。

すると、この医師は、横柄な態度で、『齋藤先生がそういったんなら、そうなんでしょう。』と言って認めました。

 

母親が、『副作用とかの問題はないんですか?』と、聞くと、

 

『勿論、あるでしょう。当然。』と言います。

 

母親が、続けて、『ご両親は、承諾してて使っているんですよね。でも、それが原因で死んじゃうこともありますか?』と聞くと

 

『親が知っているわけないでしょう。僕は知りませんよ。僕がやっているわけじゃないんだから。やってた本人(齋藤宏)に聞けばいいでしょう。』と言います。

この言葉を聴いて、母親は、何が起きていたのか察しました。そして、恐怖で心臓の鼓動が早くなったそうです。

 

母親は恐怖でその場から逃げ出したい衝動を抑えて大切な事実確認をする為さらに、『その薬を使って健康になった子供はいますか?』と聞くと、

 

医師は『健康になるはずないでしょう。帰るときは霊柩車ですよ。』と言って、隣の看護士と顔を見合わせ笑いあいました。

 

母親は、ゾ~っとして背筋が寒くなったそうです。

『彼らは狂っている。』と思ったそうです。

そして、この時、明確に、齋藤宏と足利病院が実行した行為が、【親に隠れて実行した人体実験だった。】と言う事に気が付きました。

だから、齋藤宏は、【大学病院では話せない。】【日本大学病院では一部の医師と看護師しか知らないことだから。】といったのだと気がつきました。

『治療をしてあげる。』と騙して未承認薬の実験をしたのかどうかは分かりません。『全く、断らなかった。』と本人は行っていましたから、そうなのかもしれません。

『治りたい。自由になりたい。家に帰りたい。』と願っていた子供たち100人以上に未承認薬を使用し、その殆どが【未承認薬の副作用のテストだった。】と告白しているのですから、死んでいった子供達は、どれほど、無念だった事だろう。と思いました。

なんだか急に建物に死んでいった子供達の気持ちがこもっている様な感じがして恐怖で鳥肌が立ちました。

あしかがの森足利病院の医師との会話2

あしかがの森足利病院という病院は、いったい、どのような病院なのでしょうか?見学に言った患者の家族に対して、一番最初に、医師が言った言葉に母親は、大変驚きました。

 

医師    『ご自宅の場所からここまでは、約4時間かかりますが、心臓が止まった場合の処置はどうしますか?両親が来るまで人工呼吸器は付けておきますか?』

 

母親は、一瞬、この医師が何を言ったのか耳を疑いました。

母親が、どういう意味でしょうか?と、聞きますと、この医師は、

 

医師    『どうって、そういう意味ですよ。心臓が止まった時の処置の話です。』

 

母親は驚きました。齋藤医師からは、この足利病院で気道食道分離術や胃瘻手術などの治療やリハビリができる。と聞いていたので、転院を承諾した。という経緯があったからです。

 

母親は医師に尋ねました。

 

母親     『齋藤医師にお聞きになっていると思うのですが、私は、この施設に入所することにしたのは、齋藤医師が、この足利病院では、息子の治療ができる。と聞いていたからです。息子のカロリーを増やしたり、気道食道分離術や胃瘻手術をして頂いたり、嚥下障害のリハビリをしたり、側湾症の治療をしたりです。』

 

と申し上げると、この医師は、言いました。

 

医師    『うちではカロリーは、絶対に増やしませんよ。現在、800キロカロリーですね。それであれば、この800カロリーから、1カロリーでも増やすことはしません。』

 

母親は驚いて聞きました。

 

母親     『それは、どうしてですか?』

 

医師    『こういう世界では常識です。太ったりカロリーを増やしたら看護師が、みんな腰をやられちゃいますからね。26キロで有れば、一人でも二人でも大丈夫ですが、通常 の体重だと看護師の介助の人数がもっと必要になりますしね。看護師もやめちゃいますよ。ですから、カロリーは増やしません。側湾症の治療もできませんし、 嚥下のリハビリもしませんよ。口からご飯を食べたら更に看護師が必要になりますからね。』

 

母親は、このときほど、ショックを受けた事がありません。

 

そうか、カロリーを上げない理由の一つは、看護師の為だったのか!

 

涙がでそうになりました。

なんて人たちなのだろう。人間ではない。とも思いました。

もし、これが、アメリカであれば、この医師は、この言葉だけで警察に捕まります。

 

まさに、アウシュビッツです。

 

母親     『齋藤医師に、気道食道分離術や胃瘻手術ができる。と仰いませんでしたか?あしかがの森足利病院の先生とお話しした結果、気道食道分離術ではなく胃瘻手術をあしかがの森足利病院の先生が希望していた。というような話しを聞いているのですが、、、、?』

 

医師    『そんな話は一度もした事はありませんよ。はっきり言っておきますが、息子さんの治療は一切しません。気道食道分離術や胃瘻手術なんてするわけないでしょう。』

 

 

この言葉には、大きなショックを受けました。

 

帰り際に、この医師は、言いました。

 

医師    『児童相談所に聞いたでしょう。ここを出るときは、誰でも、殆ど霊柩車ですよ。そうしないと、ベッドが空くわけないでしょう。息子さんが入れるって事は、誰かが霊柩車に乗って出て行ったっていう事にきまっているでしょう。齋藤が空けてくれって言うから、無理して空けたのに。じゃあ、来ないんですね。』

 

そう履き捨てるように言いました。

 

誰かが死なないと空かないベッド。ジミーが入るから空けたベッド?

それって、他の障害児を殺したって事?

 

そういう事を、笑いながら話す医師。なるほど、この現実離れした地獄のような場所の住人である、この医師達なら、齋藤宏は人体実験が遣り放題だったのだろう。と母親は、思いました。同時に、犯罪者の巣窟のようなアウシュビッツのような大量の人体実験の話を笑いながら話す医師と看護婦長の、あまりにも通常の感覚と掛け離れた、異常なこの施設の医師たちに恐ろしさを感じました。

 

結局、この時、決定的に、齋藤医師に騙された事を知ったのです。

同時に、『あんな、人体実験を容認している人間ではない人格。血の通った人間とは思えないような冷たい性格の医師のところへなど、息子を入院させることなど出来るはずが無い。』とも思いました。

 

当然ですが、あしかがの森足利病院をキャンセルして欲しい。と頼みました。

 

齋藤宏は、長期間、あしかがの森足利病院にいたと聞きました。

『いろいろな新薬やプロテインや遺伝子などを使い放題だった。』とも言っていました。

 

ああいう異常な環境の医師をしていた齋藤宏という医師に、このとき、初めて恐ろしさを感じました。と、同時に、被告 齋藤宏が、このあしかがの森足利病院で100人以上の子供達の身体を使い人体実験をしていた事実をしってしまった事に対する恐怖を感じました。

 

この時、2014年の笹井芳樹の死も、2014年12月24日の暴行事件も、この件が絡んでいるのではないだろうか?と思いしました。

​この後、母親は、この人体実験の事実を録音テープと一緒に厚生労働省に相談し、厚生労働省から保健所に連絡するように言われました。日本大学の管轄の保健所に相談したところ、大変、驚かれて、それが事実なら大変なことですから、警察や足利市の保健所に話してください。といわれたので、電話しましたが、ここで、また、大きなショックを受けることになったのです。保健所と警察の回答はこちら