21世紀のナチス(ジョセフ・メンゲレ)T4作戦事件

​証拠 あしかがの森足利病院の人体実験

日本大学病院にいた小児科の齋藤宏(小児科)医師が、100人以上の傷害や病気の子供達に実行した人体実験の事実は、齋藤宏自身の告白で知りました。その告白は、唐突に始まりました。齋藤宏は、いつもとは全く異なる声色で私がたずねてもいないのに、いきなり話し始めました。
齋藤宏曰く、『この時は躁鬱病の薬を飲んでいたから。(躁鬱病の薬を飲んでいた。とか鬱病だとか?そういう話やメールは、いつも聞いていましたが、何が本当で何が嘘なのか?彼は人を騙す天才なので、まったくわかりません。)』との事ですが、何を飲んでいようとも、齋藤宏が告白した人体実験の内容は冷酷で残虐な行為であり、後に、この齋藤宏の行為は、【21世紀のナチス(ジョセフ・メンゲレ)】【日本のT4作戦】と海外のジミーの支持者らに言われるようになります。

しかし、この告白を聞いたときは、まさか、この齋藤宏が実験したという100人以上の子供たちのすべてが、その後、【急死など原因不明で亡くなっていた。】と知ったときには、恐ろしさで全身鳥肌が立ちました。

そして、『齋藤宏の声色に騙されてジミーをあしかがの森足利病院に行かせなくてよかった。』と心から思いました。

 

同時に、これほど大量の子供達に厚生労働省が認可していない何かのプロテインやその他の何かを脳関門を通過するように入れるというのは異常行為であるのは当然です。それが、脳関門通過薬の研究開発をしている医薬品会社に言われての行為だというのですから。更に驚きです。なんと残酷でなんと冷酷な行為でしょうか?しかも、その実験された子供たちが全員亡くなった。と聞いたときには、鳥肌どころか恐ろしさで震えました。

彼らは殺人鬼です。表向きは医薬品開発といいながら、厚生労働省の認可していない医薬品を動物実験のように子供達に使用し、その結果、子供たちを殺していたのですから、彼らは殺人鬼です。

彼らというのは、齋藤宏・浦上達彦、そして、それらの行為を依頼した医薬品会社です。

 

あしかがの森足利病院の人体実験

この齋藤宏の人体事件の殺戮現場となった【あしかがの森足利病院】の小児科医に聞いた話しでは、齋藤宏が人体実験した子供たちは、すべて亡くなったのだそうです。その医師は言いました。

 

『すべて帰宅時は霊柩車で帰宅したよ。』

 

誰もが苦しんで苦しんで亡くなったのだそうです。

この事実は、即ち、齋藤宏の人体実験が、治療のためではなく医薬品会社に頼まれた単なる副作用実験のためであるという事実と、同時に自分自身のサディスティックな欲望を満たすためだけの残虐な行為に過ぎなかった事実を物語っています。誰も助けるつもりなどなかっらのです。最初から障害児だから殺してもかまわない。と考えていたのでしょう。

(STAP細胞事件で問題になった笹井芳樹氏(自殺)の告白によれば、齋藤宏に人体実験を頼んだ医薬品会社はJCRファーマーという医薬品会社であったそうです。そして、それらの人体実験は日本の障害児だけではなくインドネシアなどでも人体実験はされている。と言っていました。笹井芳樹は、この告白後、すぐに自殺(他殺説あり)したので、この事実確認ができませんでした。しかし、ひとつだけ、明確に知っている事実があります。それは、JCRファーマーと先端医療振興財団の中島佳子がジミーの両親を妬み、ジミーの父親の会社の関連会社を破産に追い込み特許を乗っ取り、その事実の公表を恐れていた。という事実があります。これらも笹井芳樹から聞いたのと同時に、メールが残っています。これらの詳しい内容はこちら

齋藤宏が実行した人体実験は、すべてが【低身長】に関する人体実験だったそうです。そう考えれば、確かに、JCRファーマーは低身長用の医薬品の会社です。まるでナチスのアウシュヴィッツで勤務し、収容所の障害児や低身長児や双子を用いて人体実験を繰り返し行った異常な殺戮者医師であったジョセフ・メンゲレ​のように低身長に関する人体実験を繰り返していたそうです。(人体実験の内容については、こちら

しかも、最も恐ろしいことは、この行為が、JCRファーマー・神戸の先端医療振興財団・理化学研究所・三菱UFJ銀行系ファンド・ベンチャーキャピタルらが知っていたという事実であり、同時に、警察も裁判所もこれらの事実を知りながら障害児の救済を拒否した。という事実です。

東京地方裁判所の裁判官だった佐藤哲治はジミーの母親に言いました。

21世紀のナチス(ジョセフ・メンゲレ)T4作戦事件
​証拠 録音テープとテープ起こし
41.JPG

​大量人体実験

41.JPG

​あしかがの森足利病院

41.JPG

​録音テープ

41.JPG

​録音テープおこし

​命の重さは誰もが同じ

齋藤宏が広尾病院・日本大学病院・あしかがの森足利病院で実行した残虐で卑劣な子供達に対する人体実験は、まさに、ナチスのT4作戦そのものです。

障害を持っているから、精神遅滞だからという理由で厚生労働省が承認していない医薬品や治療、そしてmRNAと遺伝子組み換えタンパク質を使用した脳関門や低身長に関する人体実験をする齋藤宏は医師免許を略奪されるべきなのに、後ろには、浦上達彦がいて、さらにその後ろには成長ホルモンとmRNAや遺伝子組み換えタンパク質を扱うJCRファーマーがいて、その後ろには大株主として三菱UFJグループがいる為、どんなに大犯罪をしようとも人体実験をしようとも守られています。(理化学研究所・京都大学教授だった笹井芳樹の告白より。)

​少し前に精神病院での看護士らが患者を寝かせた状態で首を蹴り首の骨を折ったために亡くなると言う悲惨な事件がありましたが、この内容が海外の事件であれば、100%有罪です。しかし、日本では無罪なのです。それが、現在の日本です。

日本では、私たちの知らない場所で子供を拷問し、アドレノクロムなどを採取する異常な組織が存在します。彼らのターゲットは障害者や精神遅滞を持つ子供たちです。彼らは、そういう子供たちの純粋な気持ちに付け込んで、人体実験を続けているのです。

裁判所も警察も組織に牛耳られているため誰も動きません。(理化学研究所・京都大学教授だった笹井芳樹の告白より。)

このような人体実験をする病院も施設も必要ありませんから排除してください。誰もが生きています。国の違いや生まれた場所などが異なるからと言って子供達を差別するのはやめてください。障害を持っている自閉症・精神遅滞の子供達をターゲットにして人体実験をする残酷な組織。彼らは、本当に人間ですか?

誰もが生きています。誰もが誰かの大切な子供たちであり、誰もが尊い命です。

この731部隊と同じ行為を障害者施設や児童養護施設や精神病院で続けるのは止めて下さい。

日本は、すぐに気がつくべきです。

この人体実験が、必ず、将来的に、日本で起こった21世紀のナチスのジョセフ・メンゲレ事件として語り継がれる事でしょう。

現在、この事件は、次第に世界に広がっています。

アメリカでの裁判も開始されています。

アメリカ人に対する人体実験としては、九州大学生体解剖事件 が有名ですが、このジミーが受けた人体実験は、アメリカ人の子供が9年間の長期間に受けた狂気の人体実験として歴史に残ることでしょう。

人の命の重さ平等です。
誰かが誰かの命の尊さにレベルを付ける事は許されません。
誰かが誰かの身体を使用して人体実験を実行する事も許されない事です。

齋藤宏・浦上達彦は、いつ、その真実に気がつくのでしょうか?神はすべてをお見通しです。

今でも、まだ、人体実験は続いています。

日本は狭い国です。いろいろなところから、いろいろな情報を教えてくださる方が大勢います。現在の障害者施設や児童養護施設や精神病院でおこなわれている人体実験や異常者らによる小児レイプなど、許されることではありません。言葉を持たない子供達をターゲットにする、それらの行為は、子供達に心身の障害や一生消えない心の傷トラウマを作ります。

多くの人が、その事実に気がつき、現在の障害者施設や児童養護施設や精神病院で人体実験や小児レイプなどが行われないようなシステムを考えていかなければなりません。たとえば、全室にテレビカメラをつけて監視するシステムを完璧におこなわなくてはならないでしょう。その事実に、一人でも多くの人が気がついてくれる日が来る事を祈っています。