​日本大学病院 小児科医 齋藤宏の大量人体実験

歴史を見ると、戦時中の731部隊やドイツのヒットラーのT4作戦など、医師が外人や障碍者に対して差別をもち人間扱いせず、モルモットのように人体を使用した実験が行われてきました。勿論、許されることではありません。戦時中であろうともです。

 

それを、21世紀の現在、組織ぐるみで実行している国があるなどという事を知った時は信じられませんでした。

しかも、その事実を追求されると、実行させた日本大学病院の上層部は、齋藤宏をマサチューセッツの病院に行かせ、事実を隠蔽し有耶無耶にしようとしました。大学病院で絶対にしてはいけない行為である人体実験!この人体実験を日本大学病院の小児科医師である齋藤宏は100人以上の障害児や外人の子供に実行した事を告白しています。

この告白内容を聞けば、ずいぶん簡単に告白したなあ~!という感覚を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この告白をさせるまでには、約6年かかっています。

この録音テープでは優しい印象の言葉使いに感じますが、其れまでは、怒鳴られたり、脅かされたり。といろいろありました。

この齋藤宏は、まるで2重人格者のように、対応を変化させるため、両親も騙されてきました。

ここまで告白させることができたのは、私たちが齋藤宏の人体実験としか思えない論文を発見し、警察に何度も告訴状を出し、刑事さんが、齋藤宏に事実関係を確認したことにより、ポツリポツリと話し始めたのです。

 

刑事さんは、いいました。『気持ちは分かります。分かりますが、人体実験であっても、日大には手が出せない。上に言われている。』

ここに公開するのは、齋藤宏曰く、『あしかがの森足利病院で働いていた時期があり、そこで、障害児に未承認薬や未承認の治療をした。使った人数が大勢過ぎて数え切れないほどの人数に実行した。自分だけじゃない。他にもやっている病院や施設は沢山ある。100人以上はやった。』と答えているほど多数の障害児や外人の子供に実行した人体実験を告白した録音テープの一部になります。

 

その後、事実を確認するためにあしかがの森足利病院(以下「足利病院」という)に見学に行き人体実験の事実確認をしました。

足利病院の医師は言いました。

 

『齋藤先生が勝手に遣ったこと僕にはわからない。治った患者はいない。帰るときは霊柩車。』

この時、初めて事実を知りました。

家族へのインフォームドコンセントもなく、承諾書への署名捺印も貰わず、齋藤宏らは、やみくもに障害児の身体を選別し厚生労働省の認めていない未承認薬を使用していた。という事に、初めて気がついたのです。

​すなわち、人体実験です。

​人体実験の告白

録音テープおこし1

そこで、アグレッシブな事(人体実験)をやるかどうかっていう事で、僕は足利にいるとき、実は結構、アグレッシブな事(人体実験)をやってたんですね。だいたい、みんな慢性的な患者で変化ないんですけど、結構、いろいろやらさせてもらって、しかも、皆協力してくれてたんで、そういう先生がいるかどうかなんですよ。やるかやらないかっていうのはね。

人体実験の告白

録音テープおこし2

そうですね。うんうんうん。ただ、まあ、基本的に、やろうとしている事は、いわゆる被保険治療(人体実験)ばかりなので、普通、大学はどこもやりたがらないので、むしろ足利とか、そういった小っちゃい病院のほうがやり動きやすいっていうのはあるんです。

人体実験の告白

録音テープおこし3

僕が今話している事は、すごく非常識的な話しなので、ちょっと日本では、こんな話しできないんですけど。

​人体実験の告白

​録音テープお越し

これちょっと僕も、院内(大学)の人には、全く言えない話しをしているので、ちょっと、まあ。それは、ご理解していただいて、ちょっと。』

​その他

あしかがの森足利病院の

​医師が人体実験を

黙認している事実を

認めた会話

あしかがの森足利病院で、齋藤宏が、大量の人体実験をし、それらの人体実験された障害児が大量に亡くなっていた事実を認めた会話。

​人体実験で書かれた論文

​栄養障害により慎重停止する事実が書かれた論文とくる病で骨軟化症の為に骨の異常形成が起こる事が書かれた論文