​齋藤宏の人体実験

録音テープ

​おこし5

録音テープのテープおこし5

 

齋藤宏から母親へ掛かってきた電話。

 

 

 

齋藤宏  『いろいろその辺は、電話で話すのもあれだから、どっかで話したいな。と思う。』

 

母親   『そうしたら、先生、いつ、お時間あいてますか?』

 

齋藤宏  『いや。本当、時間ないので、早ければ明日でもいいし、あ~の~』

 

母親   『先生、例えば、まだ、主人が帰ってきてないものですから、主人が帰ってきてから、聞くつもりでいるんですけど、明日なら、先生何時ごろ、』

 

齋藤宏  『明日ね、夜なら。今日、僕、当直で。』

 

母親   『先生、疲れません。』

 

齋藤宏  『いや。それはいいんですけど、話せるタイミングは、そこしかないから、だから、うん。そうそう。こんな話し(人体実験の話し)は、絶対に出来ないので、あ~の~。ちょっと出来たら、場所を変えて(大学や神田警察署館内の近くはまずいと言っていた。)、話したい。

 

母親   『主人、帰ってくるのが遅いんですね、たぶん、12時くらいだと思うんです。明日の朝、連絡して良いですか。』

 

齋藤宏  『ああ、いいですよ。』

 

母親   『そして、明日の夜会うようにってアポイントでっていう形で。』

 

齋藤宏  『どの位の時間になりそう、あと場所。』

 

母親   『先生は、何時が良いですか?』

 

齋藤宏  『え~。たぶん、明日は、僕、御茶ノ水に行く日なんですけど。7時には、おそらく、でれるかと思いますけど。』

 

母親   『どこにしましょうか?』

 

齋藤宏  『どうしましょうか。いや、逆にライアンさんたちが、どこがいいかって』

 

母親   『先生の都合の良い場所で言っていただければ、いきますので。』

 

齋藤宏  『僕は、御茶ノ水なので、東京都ですから、駅の近くであれば、どこでもいきますよ。』

 

母親   『御茶ノ水がよければ。御茶ノ水の近くって何かありましたっけ。』

 

齋藤宏  『いや、お茶の水はやめましょう。大学の近くは、嫌なので(大学や神田警察署館内の近くはまずいと言っていた。)

 

母親   『そうしたら、先生は、どっち方面からいらっしゃるのでしょうか?』

 

齋藤宏  『僕は、どこでも渋谷でもいいし。普段、ライアンさんが使われているどっかがあれば、そこでもいいですし。』

 

母親   『私達いつも六本木にいるんですけど、今、六本木に家があるものですから、渋谷で都合が良いところがあれば、おっしゃってください。』

 

齋藤宏  『六本木は、御茶ノ水から、そんなに遠くないので、』

 

母親   『そうですか。』

 

齋藤宏  『それでも、全然大丈夫、』

 

母親、  『たとえば、御茶ノ水え~っと、どこがいいでしょうか?先生、お車ですか。それとも。』

 

齋藤宏  『ああ。いや。電車なので、』

 

母親   『先生、何処って言ってくだされば、そこに行きますので、』

 

齋藤宏  『静かなところのほうがいいですよね。その辺は、そうだんしてもらって。僕、いきますので、その辺の作戦と言うかね。これ、ちょっと僕も、院内の人には、全く言えない話し(人体実験)をしているので、ちょっと、まあ。それは、ご理解していただいて、ちょっと。』