​齋藤宏の嘘と人体実験

​齋藤宏が実行した虐待と嘘・そして、実行した理由

最初、齋藤の虐待と嘘の数々にショックを受けたとき、最初に感じた大きな疑問がありました。

それは、【なぜ?理化学研究所の幹細胞移植研究グループとステムセルサイエンス社が関与した約7億円の【論文捏造詐欺】に関与していない齋藤 宏 (Hroshi Saito)が、息子に虐待をする必要があったのか?という疑問でした。

​​この疑問は、息子が頭にビニール袋を被せられて呼吸停止させられた防衛大学病院でも感じた疑問でした。

Jimmyが、日本大学病院の齋藤 宏 (Hroshi Saito)らに、【1日800キロカロリーから1000キロカロリーまでのカロリーしか与えない。】という残忍な行為をさせられた事実を、アメリカの弁護士に話したとき、アメリカの弁護士やアメリカの国家安全保障省の支持者などは、『グアンタナモ収容所の拷問のようだ!CIAや海外のスパイが、よくやる手口だ。』と、言っていました。事実、CIAやFBIの知人にも聞きましたが、『事実、そういう拷問の手口がある。』と聞きました。

同様に、11歳になったばかりのJimmyが、防衛大学病院の小島令嗣(小児科・現在は山梨大学病院)に頭にビニール袋を2回被せられるという残忍な行為をさせられた事実をアメリカの弁護士に話したときも、アメリカの弁護士やアメリカの国家安全保障省の支持者などは、『グアンタナモ収容所の拷問のようだ!CIAや海外のスパイが、よくやる手口だ。』と、言っていました。

即ち、11歳から19歳までの長期間、彼らは、【テロリストや極悪犯人などに実行するような拷問と同様な行為を、Jimmyに実行した。】という事になるのです。

なぜ?そのような事をしたのでしょうか?

なぜ?誰が考えても虐待や傷害、もしくは殺人未遂の未必の故意のような残忍な犯罪行為を11歳の子供に実行したのか?

それを、なぜ?大学病院内で、他の誰も止めなかったのか?

この2つの疑問は、長い間大きな疑問としてありました。

 

誰に話しても、『これは、医療ミスなどという過失では無く、虐待である。としか思えない。』と言います。

防衛大学病院に関しては、Jimmyが、虐待を受け医療放置させられた2日前に、神戸の先端医療振興財団の中島佳子から、Jimmyについて脅迫をうけていましたので、漠然とですが、防衛大学病院の虐待や医療放置が、ステムセルサイエンス社の【論文捏造詐欺事件】を知ってしまった私と主人に対する、【見せしめ】であろうとは考えていました。

実際、ステムセルサイエンス社の元代表取締役であり、同時に株式会社そーせいの元会長であった中島健三から、

 

『再生医療の世界で、私や西川伸一や笹井芳樹、そして先端医療振興財団を敵に回すという事は、国から研究費用や助成金をもらっている日本の大学病院のすべてを敵に回したことになりますよ。妻の指図しだいでは息子さんが危険になる可能性もあります。実際、妻(中島佳子)は、そういうコーディネートをする事が仕事です。妻から電話がかかると思いますが、妻の言う通りにして、論文捏造のことは、すべて忘れるようにしていただかないといけませんね。』

と脅迫を受けていましたし、同じ内容のメールも受け取っていました。

即ち、【研究費用や助成金を受け取っている、すべての大学病院には、中島佳子にはコネがあるので、息子の身に危険が迫る可能性がある。】と中島健三は言っていたわけです。

実際、STAP細胞で問題になった故笹井芳樹が、自殺した場所が神戸の先端医療振興財団なわけですし、この笹井芳樹のSTAP細胞事件について考えれば、先端医療振興財団⇒理化学研究所⇒山梨大学⇒防衛医科大学病院と続き、そして日本大学病院にもつながりがみえてくるわけです。

最初は、防衛大学病院のように息子が苦しんでいるにもかかわらず、医療放置をするような行為は、防衛府大学病院だけだと思っていました。

しかし、日本大学病院で、齋藤 宏 (Hroshi Saito)らが、アルブラスト社の特許を乗っ取った木下茂と懇意な関係である湯沢美津子院長らに指示されて実行した行為も、まさに虐待です。

湯澤美都子院長が、どのような気持ちで、このような支持を齋藤宏にだしたのか?

私には理解不可能ですが、少なくとも、ローマやアメリカの神父様やアメリカの支持者などは、『アメリカ人の子供に実行された人体実験・アウシュビッツや731部隊のような行為。』と言われています。

海外の支持者の方々は、誰一人、治療とは思っていません。

 

11歳から19歳までの子供に、1日800キロカロリー~1000キロカロリーしか与えない為に、ガリガリに骨と皮になった状態で痩せていく子供を目の目にしても、カロリーを上げることを拒み続ける行為は、海外でもアメリカでも虐待になります。

1000キロカリーは、死を意味するそうです。

1000キロカロリーが続くことにより、身体は、自分自身の脂肪を取り込んで食事の代わりにし、脂肪もなくなった場合、内臓や骨から栄養を吸収して生きながらえようとするそうです。その時、骨も内臓も脳も破壊されるのだそうです。

このカロリー拷問は、テロリスト達や極悪人が収容されているグアンタナモ収容所内で、テロリスト達に使用される拷問の中で、最も最上位の苦しみを与える拷問であり、CIAが、この拷問を使用していた事が、アメリカの政府内で問題となったほどでした。

そのような、恐ろしい行為を、なぜ?齋藤宏(Hiroshi Saito)は、息子に実行したのです。

私が、齋藤宏(Hiroshi Saito)に、その事を問いただすと、彼は言いました。

『だって、ジミーは、ここに来た時から脳は壊れているじゃない。』

ひどい言葉だと思いました。

この言葉からは、障害を持つ子供には、更に、脳が破壊される行為をしてもかまわない。という齋藤 宏 (Hroshi Saito)の考えが透けて見えました。残忍な正確だと思います。11歳の子供に殺人未遂の未必の故意の行為を実行しながら、『脳が壊れているい。』と、薄ら笑いで答える。その性格には、ショックを受けています。

『虐待じゃない。人体実験じゃない。知らなかった。』と言い張る齋藤 宏 (Hroshi Saito)の言葉が、虚しく響きます。

齋藤 宏 (Hroshi Saito)の行為が虐待・殺人未遂の未必の故意であり、保護者責任者遺棄罪であることは明白なのに、警察は動きません。

齋藤 宏 (Hroshi Saito)が言うように『日大が警察と親密な関係であるから。』という言葉の真意はわかりませんが、齋藤 宏 (Hroshi Saito)には、最初、故意に虐待を実行しなくてはいけない理由は無いように思えました。

あくまでも最初はです。

 

なぜ、このような大きな危険性を犯してまで、彼らは、子供に対する異常行為・犯罪行為としか思えない残虐で残忍な行為を実行してきたのでしょうか?

長い間、その疑問の回答を見出せませんでした。

警察に相談した時も、神田警察や他の警察でも、『故意に虐待をする理由がわからない。』と言われてきました。

 

それは、私自身にとっても、疑問でした。

『どうして、齋藤先生は、11歳の子供に、こんな恐ろしいことを実行できたのか?』

しかし、その疑問も、ネットで、私と主人への誹謗中傷を書いていたブロガーからの告発により、すべての理由が理解できました。

 

このブロガーは、長期間にわたって、理化学研究所の幹細胞の西川伸一の子分と言われてきた理研広報責任者であったダグラス・シップや、防衛大学病院の岩鼻まゆみら、そして、齋藤 宏 (Hroshi Saito)らに言われて、私と主人の会社の誹謗中傷をブログに書いてきたのだそうです。

 

その、私と主人に対する誹謗中傷をネットで拡散するように頼まれていたというブロガーから貰った手紙には、防衛医科大学病院の小島令嗣や、齋藤 宏 (Hroshi Saito)らが、Jimmyに対して実行した虐待行為や拷問行為、そして、私と主人への誹謗中傷などを実行してきた理由が書かれていました。

大切な証拠品の為、すべての手紙は、ここで公にすることは控えますが、この手紙は、既にアメリカの弁護士やアメリカの有名な神父様に預けています。神父様は、大変、ショックを受けて、『自分の出世のために、こんな恐ろしいことを実行できるとは、まるで悪魔のような行為だ。』と言って、お祈りをしてくださいました。

このブロガーから貰った手紙には、ブロガーがダグラスシップから聞いた言葉として、『小島令嗣や齋藤 宏 (Hroshi Saito)が、まるで、理化学研究所や湯沢美津子のロボットのように動いて、息子を虐待した理由は、【山梨大学・ハーバード大学の助教授のポジションが約束されているから、彼らは馬車馬のように脇目もふらずに一途に働いた。』と言っていたそうです。すなわち、理化学研究所の西川伸一らなのか?神戸の先端医療振興財団にいた中島佳子なのか?それとも湯沢美津子なのか?詳しい内容はわかりませんが、このブロガーは、そのように聞いていたそうです。

しかし、この時点(2015年時点)では、小島令嗣も日本大学病院にいた齋藤宏も山梨大学やハーバードにはいませんでしたから、この話の事実確認はできていませんでした。

ただ、確かに理化学研究所と深いパイプラインを持つ日米の大学として有名だった大学がありました。

それは、STAP細胞問題の若山照彦が教授を務める山梨大学であり、アメリカでは、チャールズ・バカンティ(Charles Alfred Vacanti)が教授を務め、小保方晴子が留学していたハーバード・メディカル・スクールである事は、周知の事実です。

このブロガーの言葉が正しいのかどうかについては、その後、このブロガーは、【ダグラス・シップらに脅迫されている。ブログは止める。今後、ブログが書かれていたとしても自分ではないから。】というような内容が書かれた書面の通知後に、本当にブログが停止し、行方不明になってしまったため、確認はできていませんが、私とダグラス・シップ、そして私と西川伸一や私と齋藤宏しか知らない個人的な内容が書かれた、このブロガーのブログには、大きな信ぴょう性があり、それらの事実を告発してくれたことからも信頼できるのではないかと思っていました。

最初は、ストーカーのように感じていたブロガーの誹謗中傷のすべてが、ダグラス・シップや齋藤宏(Hiroshi Saito)らの指示であった。という事実には、ショックを受けました。

しかし、その当時は、いくら何でも、大学の助教授の椅子の為に、子供の頭にビニール袋を被せたり(防衛大学甲病院小島令嗣)、育ち盛りの子供に6年間も800キロカロリー~1000キロかリリーしか与えないという、CIAの最も残虐な拷問として使用されている方法を使用して、殺人未遂の未必の故意を実行することが、できるものだろうか?そのような医師が、本当に存在するものだろうかと、半信半疑の気持ちでおりました。

しかし、それは、事実だった可能性が強くなっています。​

ブロガーの言葉通りであった、その後の齋藤宏(Hiroshi Saito)と小島令嗣

そんな時、遂に、このブロガーの言葉が事実であった事に気が付かされます。

現在、、小島令嗣は、2017年4月から、若山照彦のいる山梨大学の助教授。

そして、齋藤宏は、2016年10月から、小保方晴子がいたハーバード大学の助教授。

まさに、ブロガーが、ダグラス・シップから聞いた言葉そのものの助教授に就任していたのでした。

この事実を、『単なる偶然!』と処理するには、あまりにも、正確すぎます。

この件については、現在、アメリカの支持者や弁護士、そして警察と交渉中です。

​更に前代未聞。息子の他病院での手術の妨害行為をしてきた齋藤宏(Hiroshi Saito)

又、このブロガーから貰った手紙に、齋藤 宏 (Hroshi Saito)が、Jimmyのセカンドオピニオンや他病院での手術を邪魔する為に、他病院の医師に私と主人の誹謗中傷をしてきた事実も書かれていました。

齋藤宏が実行した履歴

1、2008年6月17日(11歳) 日本大学病院(駿河台)入院。(入院当時1日1200キロカロリー)

 

2、いきなり、カロリーが900キロカリー~800キロカロリーに下げられる。(この事実は、長い間隠されていました。しかし、後に齋藤宏(Hiroshi Saito)に何度も確認してようやく告白させたのです。)

3、一生涯、外すことのできないタイプの人工呼吸器(ベンチレータ)を装着される。(この人工呼吸器(ベンチレータ)の会社に電話をして確認済み。録音済み。)

4、太陽の当たらない病室に入れられる。

5、CTスキャン・MRIを頼んだが『ジミーの頭には、何か金属が入っているようで、CTもMRIも映らない。』という訳のわからない理由で、CTもMRIも画像を拒否される。(録音テープあり。)

6、骨の異変に不信感を持った母親が、身体全身の骨のレントゲンを頼んだが拒否される。

7、2009年10月 異常に痩せてきている事や、身長が停止している症状に不信感を持ち、カロリーを上げてくれるように頼むが『カロリーは、足りている。ジミーが痩せている原因や身長が停止している原因は防衛大学病院の医療ミスにより農が壊れてしまったことにある。』と言われる。

8、2010年10月 海外の有名俳優が息子をお見舞いしてくださっている内容を、メディアが取材したがっている。ので、メディアが入る事を許可してほしい。と頼んだところ、拒否される。

 

9、2011年02月 2008年01月から始まったネットでの誹謗中傷に、日本大学病院(駿河台)関係者しか知らない私や主人の個人情報などが漏洩され、誹謗中傷がエスカレートする。

 

10、2011年08月 骨の異常や身長停止・痩せすぎについて、他病院でのセカンドオピニオンを希望するが、紹介状を書く事を拒否される。

11、2012年11月 肋骨と右肩が折れたようになっている為、『いったい、何があったのか?』と聞くが、『何もない。』との回答。不信感を持つ。

12、2013年07月 他病院の院長がセカンドオピニオンで来院することが決定。初めて。レントゲンを撮ってもらい、初めて、レントゲンを撮れることを知る。

13、2013年07月 他病院の院長が病室内に来て下さり、セカンドオピニオン。その結果。『この痩せ方は、いくら何でも異常だ。そして、身長が止まっている。また、ベッドから落ちたのかな?肋骨・右肩・股関節の骨が異常になっている。急いで手術が必要な状態だ。』と言われる。ショックを受ける。北里大学病院での手術を勧められる。

14、2013年08月 北里大学病院への紹介状を書いてほしいと頼むが拒否される。仕方がないので、他病院の院長に紹介状を書いていただき、レントゲンを持って、北里大学病院にセカンドオピニオンに出向く。北里大学病院の教授は、非常に優しい方であり、手術をして下さる。と言われたが、齋藤 宏 (Hroshi Saito)から、烈火のごとく、罵倒され拒否される。

 

15、2013年08月 手術をして下さる予定であった他病院の院長のところへ、齋藤 宏 (Hroshi Saito)から連絡が入り、『日大の齋藤先生からネットの誹謗中傷の話を聞いた、齋藤先生が言うには(このように誹謗中傷されている者の子供を一生懸命になって助ける必要はないんじゃないですか。手術は断った方がいいですよ。)と言ってきたので、手術は中止する事にした。やはり、こういう誹謗中傷されている者のお子さんを一生懸命見る気持ちが無くなる。それに、日大とは喧嘩はしたくない。齋藤先生には内密にするように言われたので、齋藤先生から聞いたことは齋藤 先生には秘密にしてほしい。』と言われる。わざわざ、息子の手術の邪魔をするために、他病院の先生のところまで、2時間近くもかけて出かけていく齋藤 宏 (Hroshi Saito)の行動も異常ですが、ネットの誹謗中傷を信じて、『誹謗中傷されている者の息子を助ける気持ちが起きない。(録音テープあり。)』と言い切る、この院長の言動にも大きなショックを受けました。

注意:この誹謗中傷について
この誹謗中傷していたブロガーは、2015年にブログ内に、誹謗中傷していたのが、理化学研究所のダグラス・シップである事が分かる内容の記載をしてしまったために、後にダグラス・シップから脅迫を受け、ブログを停止しなくてはいけなくなった事実を通知してきました。同時に、ダグラス・シップと齋藤 宏 (Hroshi Saito)に言われて誹謗中傷を書いたことを認めています。同時に、このブロガーは、『命に危険を感じている。私は、ダグラス・シップと齋藤 宏 (Hroshi Saito)から散々ライアン夫妻の罵詈雑言を聞き、それを信じ、それらをブログに書くように言われてきた。ダグラスからアメリカのライアンさんの母親の自宅の写真を送ってきたが、それは、いくら何でもと思い、掲載しなかった。その件についてもダグラスに執拗に掲載するように言われて脅迫されたことがある。それまでは、ステムセルサイエンス社と理化学研究所のSTAP細胞グループ(小保方以外)の他の論文ねつ造詐欺問題があることも、ライアンさんたちの身に起こった医療事件も知らなかったので、ダグラスシップと齋藤 宏 (Hroshi Saito)の話を信じていた。そのため、ダグラスシップに言われて、アメリカのシカゴにあるライアン夫妻が一緒に仕事をしてきたアメリカのWHOの遺伝病の共同研究施設であるRGI(reproductive genetics institute)に何度も電話を入れて嫌がらせをしてきた。ダグラスシップも何度もRGIに電話している。そこで、『ライアン氏は亡くなったRGIのオーナーであったYury VrlinskyとES細胞研究をしていたので、よく知っている。』と言われたが、ネットには、(全く関係のない施設を関係あるとライアン夫妻が嘘を言っている。)と書くように言われ、そのように書いてきた。また、これは、ブログにも書いているが、ライアン氏が懇意にしていた京都大学の元教授であったK医師の病院にもダグラス・シップと共同で電話やメールやFAXの嫌がらせをしてきた。今では、それが間違いだったことを感じている。という内容の告白を受けています。 誹謗中傷に関する詳しい内容は、こちら

16、2014年      齋藤宏は、以下の内容を約束し、私たちを騙しました。

 

⓵、栃木の足利病院にいけば、カロリーを増やせる。(すなわち、本当は、カロリーを増やせるのに、日本大学病院では増やせなかった。という事を認めている。)

⓶、足利病院に行けば、口から食べれるような手術ができる。(すなわち、本当は、口から食べる事ができるのに、日本大学病院では出来なかった。という事を認めている。)

⓷、足利病院に行けば、近くの日赤病院で側弯症や骨の異常形成の手術をしてもらえる。(なぜ?日赤でできる手術を、日本大学病院では、実行してこなかったために、骨の異常形成が進んだ。という事を認めている。)

​しかし、上記の約束は、すべてが嘘でした。日本大学病院で亡くなっては困ると思ったのでしょうか?新築になる日大には、見学が多数入るので、骨の異常形成を起こしている状態では入院させておくことはできない。とも言われました。

17、2014年10月  日本大学板橋病院に移った直後から、カロリーがあげられ始める。(なぜ?日大板橋でできることが日大駿河台ではできなかったのか?齋藤宏によれば。すべては湯澤美都子院長や上層部からの指示で実行したそうだが、【録音テープあり。】湯澤美都子院長は、なぜ?息子を虐待させる事を指示したのか?なぜ・カロリーを増やすことを、これほど拒み、拒否し続けたのか?考えられることは、やはり、主人の会社であるあるブラストUSA社の特許を、身分詐称した北川全と笠原基広と木下茂と先端医療振興財団のたくらみで特許の乗っ取りを実行した件とのかかわりしか考えられません。この件については、アメリカの警察にも相談しています。)

18、2014年      足利病院に見学に行き、齋藤宏の言ったことが、すべて嘘であった事や騙された事を知る。

19、2015年      足利病院への転院を拒否した途端に、齋藤 宏 (Hroshi Saito)から、『今から、Jimmyの治療は一切しない。褥瘡除けのクッションやマットレスも使用させない。Jimmyがどうなろうと、僕には関係が無いから。』と、言われる。母親が、『他の先生に診ていただきます。』というと、齋藤は『他の医師にもすべて通達しておくから、僕の言う事を聞かないのはいないから。』と脅迫される。直後、Jimmyのベッドの褥瘡除けのクッションやマットレスが、すべて引き下げられる。​(計画殺人の未必の故意の証拠)

20、2015年1月    足利病院への転院を断る。

 

21、2015年1月12日 齋藤宏とダグラス・シップが、ブロガーに私と主人の誹謗中傷を加速するように指示。

22、2015年1月14日 110番通報する。(板橋警察の対応がすごいことになっている事にショックを受ける。詳しくは、こちら

 

23、2015年1月14日 齋藤宏から、『日大は警察にコネがあるから警察は動かない。』という内容で、脅迫される。

24、2015年1月15日 齋藤宏が、私と主人の事について、齋藤 宏 自身が、ネットに誹謗中傷を掲載する。

25、2015年1月17日 齋藤宏が、6件のブロガーに誹謗中傷を書くように指示をする。

26、2015年1月~   齋藤宏が指示したのか?褥瘡除けのクッションが、Jimmyから取り上げられ、体位変換も、殆どしなくなる。

27、2015年2月     齋藤宏に対して、『ブロガーから、齋藤宏とダグラス・シップが誹謗中傷させていたことを聞いた。』と直接確認したところ、事実を認める。

 

28、2015年2月    褥瘡除けのクッションが、すべて取り外されている事に気がつく。何度も褥瘡除けのクッションの使用を頼むが、拒否される(医療放置)。

 

29、2015年3月    日本大学板橋病院の医師より、『Jimmyの身体が痩せすぎの為、内臓が委縮している。その為、カロリーを上げても身体が受け付けない。このままだと時間の問題で亡くなる。』と宣告される。(この言葉は、日大板橋病院の医師らが、間接的に、駿河台病院の医療ミスを認めた事になる。)

 

30、2015年      骨の手術を頼むが、痩せすぎている為、不可能であると言われる。(駿河台病院の医療ミスを認める。)

31、2015年      19歳で体重19キロと言われる。

 

32、2015年      痩せすぎからくる上腸間膜動脈(SMA)閉塞症になり生死をさまよう。

 

33、2015年      褥瘡が、原因の敗血症から、一時心臓停止。蘇生。(この時点では褥瘡の事実を両親に隠蔽)詳しくは、こちら

34、2015年      心肺停止。蘇生した後も、腎臓機能低下の為、尿チューブをしようする。

35、2015年      Jimmyが、高熱・意識不明の事が多くなる。

36、2015年      身体のあちこちに大きなガーゼが張られているので、看護師に尋ねたところ、『痩せているので、骨と骨がぶつかるところにガーゼをしていますから、はがさないでください。』と言われ信じてしまう。(実際には、全身に多数の褥瘡があった。褥瘡の為のガーゼ。)

37、2016年2月    それまで、何年間も、お風呂を拒否されてきていたのが、急にお風呂に入れるようになり、両親は大変喜んでいました。しかし、ある時、お風呂の準備をするために、父親がJimmyの身体のガーゼを剥がしたところ、なんと、そこには、10センチから15センチほどの大きな穴が開いていました。そして、更にショックを受けたのは、その穴の中から骨が見えていたことでした。父親は、本当に、心臓が飛び出しそうになるほど、ショックを受けたのだそうです。思わず、大声を出してしまったほどだといって、興奮した状態で、母親に電話をかけてきました。詳しい内容は、こちら

最後に、このホームページは、すべて事実が書かれています。

すべては、齋藤宏と岩鼻真由美とダグラス・シップの誹謗中傷について告訴状を提出した警察署と神田警察署、そして所沢警察署の刑事さんにアドバイスを受けて、ホームページ上にすべての事実を書いております。

​刑事さんは、おっしゃいました。『ネットの誹謗中傷ブログの多くは偽名を使っている。そのため、なかなか捕まえるのが難しい。一番良いのは、誹謗中傷されたら、それが間違っている事実を、反対にネットで書きなさい。』

 

その為、アドバイス通りにしております。